ITZY チェキ 直筆サイン入り リア TSUTAYA当選品 全商品オープニング価格!

ITZY チェキ 直筆サイン入り リア TSUTAYA当選品
リアのチェキになります。 いつになくクールな表情がカッコいいです! 宜しくお願い致します。 blah blah blah
 今年3月に真打ちに昇進した落語家の蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)さん。春風亭小朝さんに入門して16年。9月には「笑点」(日テレ系)に三遊亭円楽さんの「代打」として女性落語家では初めて大喜利に出演し、華やかさと堂々とした姿勢が注目された。円楽さんが亡くなり、新メンバー候補とも言われる桃花さんに、
師匠の春風亭小朝さんが独演会を開いた日本武道館をバックに笑顔を見せる蝶花楼桃花さん=東京都千代田区一ツ橋のパレスサイドビルで油井雅和撮影
師匠の春風亭小朝さんが独演会を開いた日本武道館をバックに笑顔を見せる蝶花楼桃花さん=東京都千代田区一ツ橋のパレスサイドビルで油井雅和撮影

 今年3月に真打ちに昇進した落語家の蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)さん。春風亭小朝さんに入門して16年。9月には「笑点」(日テレ系)に三遊亭円楽さんの「代打」として女性落語家では初めて大喜利に出演し、華やかさと堂々とした姿勢が注目された。円楽さんが亡くなり、新メンバー候補とも言われる桃花さんに、かつて男性社会だった落語界で活動する思いを聞いた。【油井雅和】

 桃花さんは舞台俳優を目指していたが、落語に興味を持ち、2006年に小朝さんに入門。当時の名前は「春風亭ぽっぽ」。5年で二つ目に昇進し「春風亭ぴっかり☆」を名乗ると、独演会に積極的に取り組んだ。NHK新人落語大賞で2回、決勝に進出するなど、芸に磨きをかけ、ファンを拡大した。

 ――東西で女性の落語家は増えているものの、桃花さんの活動は「女性初」と呼ばれることが少なくないと思います。どう感じていますか。

 ◆「女性初」と言われることは大変うれしい。それで私を見てくれるきっかけになります。でも、意識はしていません。円楽師匠のピンチヒッターで出演した「笑点」も、直前にスタッフの方から「(大喜利出演は)女性初なんで、よろしくお願いします」と言われました。そうだったんですか、というぐらいの意識で「女性初を狙っていきます」という感覚はまったくないんです。

 ――「ぴっかり☆」時代や真打ち披露公演では、自分のやりたいことを取り入れようとされてきましたね。

 ◆はい。真打ち披露では、初日に新しい髪形を披露し、トリの日が13日あるので、私の名前入りのタオルを13色作ってお客さんに日替わりで配りました。独演会のチケットが当たるガチャガチャ(カプセルトイ)も設置させてもらいました。

 師匠の小朝もお客さんに楽しんでもらおうという考え方です。お客さんに楽しんでもらって、なにかプラスアルファを持って帰ってほしいと考えました。お披露目に通ってくださる方に盛り上がってもらい、声を出さずに楽しめる手法を取りました。かつてはできなかったと思います。やらせてくれた関係者の優しさを感じました。

 新型コロナウイルス下でお客さんのお見送りができなかったので、私の等身大パネルを置いて、皆さんに写真を撮ってもらいました。空気清浄機を置いたのも安心して楽しんでほしかったからです。いずれまた、生の高座を楽しんでいただける時代に戻る。その準備をしているという感じでした。

 ――コロナで寄席も大きな影響を受けました。公演時間を短縮するなどして、客数を回復させようという動きが出ています。

 ◆今の寄席の興行時間は、現代の人には長いかもしれません。時代に合わせてもう少し垣根を下げることが必要だと思います。ただ、ネット配信など、簡単なものにしすぎると、今までの落語界の良さがなくなってしまう。さじ加減は必要だと思います。

 私みたいな若手真打ちが言えることではないんですが、トリを取らせていただくことがあるとすれば、一門の先輩後輩を選ぶことが多い人選でより多彩なメンバーでできないかを提案するとか。少しずつ努力をしていきたいです。

 ――女性の落語家であることで、意識すること、意識されることにどういう思いがありますか。

 ◆入門当初と比べてお客様の反応は変わってきていると感じます。最初は、嫌悪というか、女というだけで攻撃されることが多々ありました。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

icf-6800aアマチュア無線,
激レア 90'S PANTERA ヴィンテージTシャツ パンテラ サイズXL,
  1. ホーム
  2. K-POP/アジア
  3. ITZY チェキ 直筆サイン入り リア TSUTAYA当選品