専用ページ 激安本物

専用ページ
専用
 地域の踊りとして伝承されてきた熊本県荒尾市の「野原(のばら)八幡宮風流」や、宮崎県五ケ瀬町の「五ケ瀬の荒踊」など41件の民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなったことを受け、地元からは喜びの声が聞かれた。 野原八幡宮風流は、荒尾市
熊本県荒尾市の野原八幡宮風流(川登地区)の様子=同市提供 拡大
熊本県荒尾市の野原八幡宮風流(川登地区)の様子=同市提供

 地域の踊りとして伝承されてきた熊本県荒尾市の「野原(のばら)八幡宮風流」や、宮崎県五ケ瀬町の「五ケ瀬の荒踊」など41件の民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなったことを受け、地元からは喜びの声が聞かれた。

 野原八幡宮風流は、荒尾市の菰屋(こもや)、野原、川登(かわのぼり)の3地区に伝わり、毎年10月の野原八幡宮の例大祭で奉納される踊り。色鮮やかな衣装をまとった稚児が太鼓をたたきながら優雅に舞う。

 荒尾市の風流節頭保存会の西田道世(どうせい)会長(74)は「ありがたく大変喜ばしいこと。今後も地域の人と大切に守りながら後の世に伝えたい」と喜んだ。熊本県の蒲島郁夫知事も「今日まで守り伝えてこられた努力のたまもの。正式登録されることを期待している」とコメントした。

 五ケ瀬の荒踊は、武者姿を中心に約60人が隊列を組んで踊り、毎年9月下旬に地元神社などで奉納されている。【野呂賢治】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

後期m4715サイズ カーゴパンツ,
GGマーモントシャイニーバックル レザー ベルト,
ノルディスク5.5,
  1. ホーム
  2. その他
  3. 専用ページ