美品 HERNO 着用回数3回 2020AW 【GINGER掲載商品】

美品 HERNO  着用回数3回 2020AW
ダウンコートではなく、プードルのような毛足の長い素材感です。 ふんわりとしたデザインで着用回数も多くありません。 お色はブラックです。 襟の後ろに小さなヘルノのプレートがついています。 中古品をご理解いただける方にお願いいたします。 お出かけ用に数回着ただけなので、着古し感はございません。 ヘルノのハンガーを、同包いたします。 着丈65cm 身幅50cmです。
 食品を入れ、スイッチを押すだけで温められる電子レンジ。国内では1960年代から一般向けに発売され、総務省の調査によると、2014年の世帯普及率は96・1%と、ほぼ一家に1台ある計算だ。今や生活に欠かせない身近な家電だが、なぜ簡単に食品を温められるのだろうか。 樫村京一郎・中部大准教授(応用物理学)
食品を簡単に温められる電子レンジ=2022年10月27日午後10時39分、土谷純一撮影 拡大
食品を簡単に温められる電子レンジ=2022年10月27日午後10時39分、土谷純一撮影

 食品を入れ、スイッチを押すだけで温められる電子レンジ。国内では1960年代から一般向けに発売され、総務省の調査によると、2014年の世帯普及率は96・1%と、ほぼ一家に1台ある計算だ。今や生活に欠かせない身近な家電だが、なぜ簡単に食品を温められるのだろうか。

 樫村京一郎・中部大准教授(応用物理学)によると、その秘密は「マイクロ波」という電波にある。「マイクロ波が食品に当たり、水の分子がくるくると回転するように振動することで加熱されます」という。どういう仕組みなのか。

 多くの食品には水が含まれている。水の分子は二つの水素原子と一つの酸素原子が「くの字」に結びついており、正極と負極が偏って分布している。

 一方、電波はプラスとマイナスの向きを変えつつ進む。電波の向きが変わると、それに合わせて水分子の正極がマイナス側に、負極がプラス側に引っ張られて向きを変えようと動き、エネルギーが発生する。これは「誘電加熱」と呼ばれる。

 マイクロ波は一般的に周波数が300メガヘルツから300ギガヘルツ程度の電波と定義されている。国内の電子レンジは2・45ギガヘルツが使われ、水分子を加熱するのに都合がよい。1秒間に24億5000万回も振動するため、食品が急速に温められるのだ。

 電波は、水を含まないガラスや陶器は通り抜ける一方で、金属に当たると反射する性質がある。電子レンジの内側は金属でできており、内部でマイクロ波を発振すると、壁で反射し外に逃げないため、加熱の効率が良くなる。

 さらに、弁当箱のふたを開けなくても中まで加熱できたり、コーヒーが入ったマグカップのコーヒーだけを温めたりできる。こうした利便性の高さで、広く普及したのだ。

 ただ、電子レンジも万能ではない。例えば、サツマイモはじっくりと時間をかけて加熱することで酵素が働いて甘くなる。しかし、電子レンジだと急速に加熱してしまうため、熱に弱い酵素が働かなくなり、甘くなりづらくなってしまう。特徴を理解し、上手に使うことが重要だ。【土谷純一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

マウンテンレイニア マウンテンジャケット USA製 サイズSシェラデザイン,
FAITHフェース アトシステム 5点セット,
Mollenhauer モーレンハウエル バスリコーダー,
  1. ホーム
  2. 毛皮/ファーコート
  3. 美品 HERNO 着用回数3回 2020AW