MM6 Maison Margiela 新品 ワイド ショートパンツ IT36 【特別訳あり特価】

MM6 Maison Margiela 新品 ワイド ショートパンツ IT36
MM6 Maison Margiela ウールショートパンツ IT36サイズのXSサイズです。 とてもゆったりとしたデザインが可愛いウールショートパンツ。 裾に向かって広がるシルエットになっていて、 ウエストがゴム仕様なのもうれしいポイント。 薄手のトップスをインしたり、 同じくMM6のオーバーサイズシャツとコーディネートするのもおすすめです。 ・ウエスト後部にシグネチャのホワイトのステッチ ・ハイライズ ・伸縮性のあるウエストにドローストリング ・3ポケットスタイル イタリア製 ウール100% 定価49,500円です。 【注意事項】 ・すり替え防止のため、返品は一切応じかねます。(100%本物で検品済です。)
 温かいお茶が恋しい季節になった。宇治川ほとりにある「宇治茶道場 匠の館」(京都府宇治市)では、日本茶インストラクターのアドバイスを受けながらおいしいお茶のいれ方や味わい方を体験できるという。ちょっと優雅な時間を過ごしたくて足を運んでみた。 匠の館は宇治茶を広めるとともに急須でいれるお茶の魅力を伝え
宇治川のほとりにある「宇治茶道場 匠の館」=京都府宇治市で2022年11月4日午後4時29分、井手千夏撮影
宇治川のほとりにある「宇治茶道場 匠の館」=京都府宇治市で2022年11月4日午後4時29分、井手千夏撮影

 温かいお茶が恋しい季節になった。宇治川ほとりにある「宇治茶道場 匠の館」(京都府宇治市)では、日本茶インストラクターのアドバイスを受けながらおいしいお茶のいれ方や味わい方を体験できるという。ちょっと優雅な時間を過ごしたくて足を運んでみた。

 匠の館は宇治茶を広めるとともに急須でいれるお茶の魅力を伝えようと2006年に開館。京都府茶業会議所が運営する。同所などでつくる「宇治茶の郷(さと)づくり協議会」から、宇治茶のメニューがそろい、宇治茶の歴史や文化、いれ方の説明ができるなどの条件を満たした「宇治茶カフェ」に認定されている。

 記者も「お茶の淹(い)れ方教室」を体験し、日本茶インストラクターの手ほどきを受けた。

 宇治茶は京都、奈良、滋賀、三重の4府県産で、京都府内の業者が府内で仕上げたものを指す。鎌倉時代からの歴史があり、室町時代には足利幕府の奨励を受け広く飲まれるようになった。

玉露は40度程度のお湯を注ぐため、急須(右下)は取っ手が付いていない「宝瓶(ほうひん)」を使う。急須や湯飲みなどは清水焼だという=京都府宇治市で2022年11月4日午後2時58分、井手千夏撮影
玉露は40度程度のお湯を注ぐため、急須(右下)は取っ手が付いていない「宝瓶(ほうひん)」を使う。急須や湯飲みなどは清水焼だという=京都府宇治市で2022年11月4日午後2時58分、井手千夏撮影

 まずはうまみや甘みが豊富な「玉露」。矢野裕美さん(42)によると、茶葉のうまみは熱湯でも低温のお湯でも出るが、80度を超えると苦みや渋みが抽出される。高温だとうまみよりも苦みや渋みが勝るため、玉露の適温は人肌の40度なのだという。2分待ち、山吹色の玉露を口に含むとだしのような風味が口に広がった。「急須で飲む1煎目が最高のぜいたく」と矢野さん。2煎目以降、徐々に温度を上げると、味わいが変化していく。

 次は「抹茶」。粉がダマにならないよう始めに少量の水で粉を練る。抹茶をたてるコツは、抹茶茶わんの底から茶せんを少し浮かして川の字を描くように動かすことだという。

 最後は上品な苦みや渋みが特徴の「煎茶」を学んだ。渋みを味わうため玉露よりも高い60度のお湯を茶葉に注ぎ1分。インストラクター、松石博美さん(47)が「葉っぱ同士がこすれて雑味の原因になるので急須は振らない方がいいですよ」と説明してくれた。煎茶もお湯の温度を上げていき、別の風味を楽しんだ。

お茶を飲んだ後は茶葉にポン酢や塩をかけて味わうことができる=京都府宇治市で2022年11月4日2022年11月4日午後3時13分、井手千夏撮影
お茶を飲んだ後は茶葉にポン酢や塩をかけて味わうことができる=京都府宇治市で2022年11月4日2022年11月4日午後3時13分、井手千夏撮影

 玉露と煎茶を飲んだ後は、茶葉にポン酢や塩をかけて食べる。茶葉にはビタミンAやEなどの成分が含まれており体に良いという。ギョーザやハンバーグの種に混ぜたり、だししょうゆをつけておにぎりの具材にしたりするのもおすすめだそうだ。

 1時間半ほどでお茶の歴史や効能、おいしいいれ方を学ぶことができた。ほかにも、お茶の種類を当てるゲーム「茶香服(ちゃかぶき)」やホットプレートを使った製茶体験などもできる。

 これまでに約10万6000人が訪れ、最近は若者も増えているという。館長の下岡久五郎さん(80)は「ここでの体験が、急須を使ってお茶を飲む習慣につながってほしい」と話す。

 下岡さんは抹茶を入れたペットボトルを毎日持ち歩いている。通称「シャカシャカ抹茶」は、500ミリの水に3グラムの抹茶を入れ「シャカシャカ」と振って混ぜただけのもの。急須などを使ってお茶を飲む文化を大事にしながらも、気軽にお茶を楽しめる新たな方法も模索する。下岡さんは「『お茶を飲む若い子が増えてきた』と言われるようになったら私たちの役目は果たせたと言えます」と力を込める。

 それにしても、お茶をたしなむひとときは至福だ。宇治川を眺めながら、ほっと一息ついてみてはいかがだろうか。【井手千夏】

宇治茶道場 匠の館

宇治茶道場 匠の館
宇治茶道場 匠の館

 京都府宇治市宇治又振17の1。午前11時~午後5時。定休日は水曜とお盆、年末年始。お茶の淹れ方教室(2000円)と茶香服(2000~2500円)は要予約。喫茶(800円)や抹茶アート(1000円)は随時受け付ける。問い合わせは同館(0774・23・0888)。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

【特別価格】Nike Air Jordan 1 High OG Patent,
ナンガ マニュアルアルファベット ダウン,
  1. ホーム
  2. ハーフパンツ
  3. MM6 ショートパンツ IT36 Margiela 新品 ワイド Maison