【中古美品】Canon EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM 格安人気

【中古美品】Canon EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM
キヤノンのミラーレス一眼カメラ用の超広角ズームレンズです。新品購入時に付けたケンコーのレンズプロテクターもそのままお付けします。 2014年に新品購入後、持ち歩いてはいたものの別のパンケーキレンズを使う機会の方が多く、そのうちカメラ自体の出番も減ったため、使用歴も少ない方だと思います。 ボディの側面の若干の汚れ(画像参照ください)がありますが、他に目立った傷や汚れはそれ以外にはありません。また、レンズガラス部分には傷などは無いので、問題無く写真撮影できます。動作確認済みです。 キヤノンのミラーレス用では唯一の超広角ズームレンズなので、かなり人気があるレンズです。 また、広角撮影だけでなく、望遠側もフルサイズ換算で35mmの焦点距離であるため、これ1本だけでも幅広く対応できます。 外箱、説明書もありますが、外箱には若干のつぶれ、擦れがありますのでご了承ください。 Canon EF-M11-22F4-5.6 IS STM AF機構有無: AF color: BLACK ズームレンズタイプ(新): 広角ズームレンズ フォーマット種類: APS−C レンズマウント(メーカ): キヤノン EF−Mマウント 一眼レフ/ミラーレス: ミラーレス用 交換レンズタイプ: ズームレンズ 交換レンズ内手ぶれ補正機能: 補正機能有 特殊レンズタイプ: 特殊レンズ以外 #キヤノン #Canon
 2007年に新潟市水道局職員の男性(当時38歳)が自殺したのは業務で精神的に追い詰められたのが原因として、遺族が新潟市に約7900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、新潟地裁は24日、市の注意義務違反を認め、計約3500万円の賠償を命じた。 判決理由で島村典男裁判長は、男性は不慣れな業務の中で、上
新潟市水道局職員に関する訴訟の判決のため、新潟地裁に向かう原告側弁護士と支援者ら=24日午後
新潟市水道局職員に関する訴訟の判決のため、新潟地裁に向かう原告側弁護士と支援者ら=24日午後

 2007年に新潟市水道局職員の男性(当時38歳)が自殺したのは業務で精神的に追い詰められたのが原因として、遺族が新潟市に約7900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、新潟地裁は24日、市の注意義務違反を認め、計約3500万円の賠償を命じた。

 判決理由で島村典男裁判長は、男性は不慣れな業務の中で、上司からの叱責などを恐れ精神的に追い詰められたと指摘。上司は職場の円滑なやり取りが行えるような措置をしておらず、「市に注意義務に違反する過失があった」と認定した。

 一方で、男性は当時中堅職員であったことから「自らの苦境を解消するための対応も可能だった」と判断。遺族が主張していた職場でのパワーハラスメントやいじめ行為は「認めるに足りる十分な証拠はない」と結論付けた。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

エボルヴ 爛漫の剣技・オーレリア UR リーダーカード,
マキタ40V8.0An BL4080F,
the NORTHFACE ノースフェイスマウンテンダウンジャケット,
  1. ホーム
  2. その他
  3. 【中古美品】Canon EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM