ビンテージ シャネルブローチ 割引価格

ビンテージ シャネルブローチ
カラー···ゴールド 数年前親族から8万円で譲り受けました。 海外(フランス)シャネルで購入と聞いております。 最近使用しなくなりましたのでお安くお譲りいたします。専用のお箱が無いため、他ブランドの物に入れて発送させていただきます。 プロフご一読ください。 ご理解の程よろしくお願いいたします。
3連覇の報告に訪れた糸魚川市役所で、ヒノキに当てた鉋を引いて薄削りを実演する渡辺匠智さん。削りくずの先が透けて見えるほどの薄さだ=2022年11月21日、北沢祐生撮影
[PR]

 鉋(かんな)でどれだけ薄く、美しい削りくずをつくれるか。その日本一を競う大会で、新潟県糸魚川市の市立青海中学1年の渡辺匠智(たくと)さん(12)が3連覇を達成した。父智紀さん(45)と二人三脚で歩む「親子鷹(だか)」は、マイクロメートル(1千分の1ミリ)の高みを目指し、地元開催の次回大会でさらなる飛躍を誓う。

 「全国削ろう会」は、手道具や伝統技術の可能性を追い求め、全国の「削りすと」たちが鉋の「薄削り」の技を競い合う大会を毎年開催している。38回目の今年は10月15、16日に北海道岩見沢市であり、一般の部など4部門に計約200人が出場。匠智さんは40人出場の学生の部で1位に輝いた。

 糸魚川市で工務店を営む智紀さんは職人の世界に入って27年。激戦の一般の部で2位になったこともある腕利きだ。今回は出場137人中5位で、専門学校の学生らを相手に講師も務めた。

 自身が陸上や水泳、バスケットボールに打ち込んできた経験から、子どもともスポーツを楽しみたいと思っていた。ただ、匠智さんはミニバスケの最中、「足が痛い」と訴えることが多かった。小学1年のとき、連れて行った病院で筋ジストロフィーと診断された。運動により激しい筋肉疲労が出ることがわかった。

 病気にめげず集中でき、努力する大切さを知ってもらいたいと取り組んだのが薄削りだった。小4で鉋を手にした匠智さんは大会前の約3カ月、平日の放課後は3時間、休日には10時間、工務店の作業場で練習に励む。コロナ禍での延期に伴い年2回開かれた昨年の大会では、専門学校の学生らを抑えて連覇した。

 「どれだけ練習し、頑張れるかだけだと思う」と匠智さん。今大会でも、開催地ごとに異なる湿度などの条件によって木の状態も変わってくると分析し、1千分の5~8ミリの好成績を収めた。それでも、3カ所の測定値がそれぞれ違ったことに「同じ値を出せなかったのが残念」と悔しがり、満足する様子はない。

 「毎回厳しい練習だと思うが、自分からやめたいと言うことはなかった」。智紀さんはそうたたえ、「社会に出てからも簡単に心が折れない強い子に育ってほしい」と願う。

 次回大会は来年11月11、12日、糸魚川市民総合体育館で開かれる。匠智さんは、背中を見てきた父と同じ、巧者ぞろいの一般の部に挑戦するつもりだ。(北沢祐生)

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

DX 仮面ライダービルド セット,
多肉植物アガベ チタノタ ブラックアンドブルー BB極上子株 30株同捆,
  1. ホーム
  2. ブローチ/コサージュ
  3. ビンテージ シャネルブローチ