グローバルエリート 軟式オーダーグラブ 投手用 菅野型 型付け済 バーゲンで

グローバルエリート 軟式オーダーグラブ 投手用 菅野型 型付け済
グローバルエリート 菅野型のオーダーグラブ 縦トジのサイズ11です。 5DNAオーダーのため、手入れ部にクッションパッドがあります。ヒラ裏はナチュラルイエローカラーです。 個人名刺繍はありません。 即戦力の型付け済みです。少しアタッチメントグリスの染み出しがあり捕球面が黒ずんでいます。 型付け後、一度外でキャッチボールをしたのみ、未使用に近い状態です。皮革の状態を細かく気にされる方はご遠慮ください。 グラブ袋付き
 20日に開票された東京都杉並区長選で、無所属新人の公共政策研究者、岸本聡子さん(47...
 20日に開票された東京都杉並区長選で、無所属新人の公共政策研究者、岸本聡子さん(47)=立民、共産、れいわ、社民推薦=が、4選を目指した無所属現職の田中良さん(61)ら2人を破り、初当選した。

◆沖縄空手の稽古を重ね

<横顔>
 「思わず入ってしまいたくなるような、個性的で魅力あふれる店が多い」。四月に移り住んだばかりの杉並区への愛着は深まっている。
 大学卒業後、二〇〇一年にオランダに渡り、現地のNPOで水道事業など、公共政策と自治体サービスについて研究してきた。二〇年に出版した著書「水道、再び公営化!欧州・水の闘いから日本が学ぶこと」が話題を集めた。
 区長選の候補擁立を目指していた市民団体に知り合いがいて、出馬要請を受け選挙に初挑戦。「政治が機能しなくて苦しむ人を見てきた。政治を住民の手に取り戻したい」と語る。
 特技は沖縄空手。選挙運動の合間に稽古を重ね、腕を磨いている。(6月15日掲載)

◆「命と暮らしを最優先」

<6月14日の街頭での第一声>
 午後一時半、JR阿佐ケ谷駅前で第一声。「杉並区初の女性区長を」と書かれたのぼり旗を背に「コロナ禍と物価上昇でみな大変な思いをしている。区は財政調整基金を使って区民の命と暮らしを守るべきだ。お金を使う優先順位を変えていきたい」と声を上げた。
 国際政策シンクタンクの研究員で「公共政策の専門家」と自己紹介。透明な区政には情報公開が最重要とし、廃止になった区立施設について「経過が不透明。調べたい」と訴えた。情報を区民と共有し「街づくりや防災、環境対策など一緒に進めたい」と強調した。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

限定セール ヴィトンのエピ!ジッピーウォレット,
パーカー,
ディースクエアード トップス,
  1. ホーム
  2. グローブ
  3. グローバルエリート 軟式オーダーグラブ 投手用 菅野型 型付け済