ルイヴィトン モノグラム リポーターPM ショルダーバック 素晴らしい品質

ルイヴィトン モノグラム リポーターPM ショルダーバック
閲覧いただきありがとうございます! ◆ブランド LOUIS VUITTON ルイヴィトン モノグラム リポーター PM ショルダーバッグ 斜めがけ  ◆状態 経年による表面のくすみ、汚れ等ございます。 大きなダメージは見当たらなかったので まだまだ活躍できる商品です! また、使用感による多少の汚れ等ございます。中古であることをご了承下さい。 中身ですが擦れや色の傷等ございます。 多くはありませんが写真にて状態等ご確認ください。 ◆サイズ 横28cm×縦21cm×マチ12cm ショルダー長さ約77cm~125cm 素人採寸のため、多少誤差はご了承ください。 ◆カラー ブラウン 茶色 ◆付属品 なし ◆購入先 都内のブランド買取販売専門店で購入しました。 ◆注意事項 ✳︎中古品ということをご理解いただいた上でご購入をお願いします。 ◆最後に プロフィールの確認お願い致します。
 第47回社会人野球日本選手権大会は第5日の3日、京セラドーム大阪で1回戦が行われ、三菱重工EastはJR西日本に11―1で八回コールド勝ちを収めた。 ◇若い力が打線に刺激 貧打で苦しんだシーズン前半の面影はなかった。三菱重工Eastの打線は、試合開始直後から攻勢を強めて二回までに7得点。終わってみ
【JR西日本-三菱重工East】二回裏三菱重工East1死二、三塁、汐月の中前打で二塁から生還し喜ぶ矢野=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影 拡大
【JR西日本-三菱重工East】二回裏三菱重工East1死二、三塁、汐月の中前打で二塁から生還し喜ぶ矢野=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第5日の3日、京セラドーム大阪で1回戦が行われ、三菱重工EastはJR西日本に11―1で八回コールド勝ちを収めた。

若い力が打線に刺激

【JR西日本-三菱重工East】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影 拡大
【JR西日本-三菱重工East】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影

 貧打で苦しんだシーズン前半の面影はなかった。三菱重工Eastの打線は、試合開始直後から攻勢を強めて二回までに7得点。終わってみれば12安打で11得点を挙げ、八回コールドで完勝した。

【JR西日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East1死三塁、汐月が右越え適時二塁打を放つ(投手・石黒、捕手・原田)=京セラドーム大阪で2022年11月3日、滝川大貴撮影 拡大
【JR西日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East1死三塁、汐月が右越え適時二塁打を放つ(投手・石黒、捕手・原田)=京セラドーム大阪で2022年11月3日、滝川大貴撮影

 4点を奪って試合の流れを一気に引き寄せた一回は、1死二塁で打席に立った3番の汐月祐太郎が口火を切った。フルカウントから3球ファウルで粘った。「内角のボールもしっかり反応できている」と気持ちにゆとりがあった。9球目の内角高め150キロをコンパクトに振り抜き、右翼線にはじき返す適時二塁打で先取点を呼び込んだ。

 さらに好機は続く。1死満塁で打席に入った元プロ野球・巨人の山下航汰も、追い込まれてから4球連続でファウルで粘り、最後は内野ゴロで貴重な追加点を呼び込んだ。マウンドに立つ相手エースの心と体を確実に消耗させ、二回途中で降板に追い込んだ。

【JR西日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East1死満塁、山下が追加点を呼び込む遊ゴロを放つ=京セラドーム大阪で2022年11月3日、滝川大貴撮影 拡大
【JR西日本-三菱重工East】一回裏三菱重工East1死満塁、山下が追加点を呼び込む遊ゴロを放つ=京セラドーム大阪で2022年11月3日、滝川大貴撮影

 昨夏の前回大会は1試合平均9・6安打と切れ目のない打線で準優勝に輝いたチームだが、今夏の都市対抗野球大会は、2年ぶりに西関東2次予選で敗退し、本大会出場を逃した。代表決定リーグは2試合で1点ずつしか奪えず、攻撃面の課題が浮き彫りになった。

 夏場は原点に立ち返り「力強い直球に負けない打撃」を目指した。都市対抗予選ではベンチ入りすらできなかった21歳の山下は、バットにボールを当てるポイントを少し前に置く意識に変えたことで、自分の打撃に合う感覚をつかんだ。

【JR西日本-三菱重工East】八回裏三菱重工East1死二塁、津田が右翼線適時三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影 拡大
【JR西日本-三菱重工East】八回裏三菱重工East1死二塁、津田が右翼線適時三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月3日、山田尚弘撮影

 「(強くバットを)振る力を持っている」と佐伯功監督。1番で出場した横浜高卒2年目の津田啓史と合わせ、「若い力を融合したい」と新戦力がスタメンに名を連ね、刺激が加わった打線は、大事な初戦で見事に機能した。

 試合後、佐伯監督はコールド発進について「期待通りです」とひと言。苦しんだ夏を乗り越えて「常勝チーム、日本一を目指す」と力強く口にするほど、十分な手応えを感じさせる一戦だった。【川村咲平】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

伝統木芸士 石橋武士作 極上欅製 ダイニング4点セット,
エルメス べアン,
Nintendo Switch NINTENDO SWITCH JOY-CON…,
  1. ホーム
  2. ショルダーバッグ
  3. ルイヴィトン モノグラム リポーターPM ショルダーバック