限定ゾイド【ゴジュラスジオーガ(GOJULAS THE OGRE】未開封品 憧れの

限定ゾイド【ゴジュラスジオーガ(GOJULAS THE OGRE】未開封品
【商品内容】 限定 ゴジュラス ジオーガ(恐竜型) 1/72スケール、未開封・未組立品。 1999年〜2006年にトミー(TOMY)から販売されていた十数年前の限定ゾイド(ZOIDS)です。 大型ゾイド。電動モーター駆動。 オーガノイドシステムを搭載したゴジュラス。あなたの部隊を圧倒的に戦力アップしてみてはいかがでしょうか? 【商品の状態】 ・段ボールの中で保管していましたが、10年以上前のものなので、箱に多少のダメージがあるとお考えください。 ・未開封のため、モーターが駆動するかどうかは判断できません。 ・その他気になる点がありましたら、ご質問ください。 【その他】 ・プチプチに包み段ボール箱に入れて発送いたします。 ・日中は仕事をしている関係で、回答や発送が多少遅くなる場合がありますが、ご了承ください。
 環境省は28日、北海道釧路市音別町で衰弱した状態で見つかった国の特別天然記念物・タンチョウ1羽から、感染力の強い高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。国立環境研究所(茨城県つくば市)の遺伝子検査で判明した。タンチョウから高病原性鳥インフルエンザが検出されるのは国内初。国際タンチ
衰弱したタンチョウが回収された河川敷に近いデントコーン畑で落ち穂を拾うタンチョウ=北海道釧路市で2022年11月29日、本間浩昭撮影 拡大
衰弱したタンチョウが回収された河川敷に近いデントコーン畑で落ち穂を拾うタンチョウ=北海道釧路市で2022年11月29日、本間浩昭撮影

 環境省は28日、北海道釧路市音別町で衰弱した状態で見つかった国の特別天然記念物・タンチョウ1羽から、感染力の強い高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。国立環境研究所(茨城県つくば市)の遺伝子検査で判明した。タンチョウから高病原性鳥インフルエンザが検出されるのは国内初。国際タンチョウネットワーク(IRCN)によると、検出は海外でも例がなく、初めてとみられる。関係者は感染拡大に警戒を強めている。【本間浩昭】

 環境省の発表によると、同研究所で遺伝子検査を行ったところ、28日に陽性(H5亜型)が確認されたという。現時点でこの1羽以外のタンチョウに異常は確認されていない。

 衰弱したタンチョウが回収されたのは、酪農家が散在する釧路市郊外で、牧草地や飼料用とうもろこし(デントコーン)畑などがある河川敷付近。環境省の要請で回収現場に立ち入ることはできないが、ほど近いデントコーン畑のあちこちでタンチョウのほか、ハシボソガラスやハシブトガラスなども落ち穂をついばんでいて、これら鳥インフルエンザに感染しやすいとされる野鳥からウイルスをもらった可能性が疑われる。

衰弱したタンチョウが回収された河川敷に近いデントコーン畑で落ち穂を拾うタンチョウとカラス類=北海道釧路市音別町で2022年11月29日、本間浩昭撮影 拡大
衰弱したタンチョウが回収された河川敷に近いデントコーン畑で落ち穂を拾うタンチョウとカラス類=北海道釧路市音別町で2022年11月29日、本間浩昭撮影

 環境省と道は、「野鳥監視重点区域」に指定した半径10キロ以内の巡視を強化し、衰弱した個体を発見した場合は速やかに回収する方針。

 回収されたタンチョウは幼鳥で、今月20日に猛禽(もうきん)類医学研究所(釧路市)に運ばれ、遺伝子の簡易検査で鳥インフルの陽性反応が出た。同研究所で治療を受けているが、現在も起立できず、自力で餌を食べられない状態という。

 本格的な越冬時期を迎え、タンチョウは鶴居村や釧路市阿寒町などの給餌場に集まり始めており、集団感染が危ぶまれる。

 同研究所は「衰弱個体が出た場合、速やかに回収して排除することが最も大事。対応が遅れると、キタキツネやワシ類、カラス類がウイルスをまき散らす危険性がある。排せつ物のモニタリングを強化する必要もある」と話す。越冬地での給餌については「給餌をやめると分散してしまうので、必要最小限の量を広範囲にまくなど、鳥同士のディスタンスを保つような工夫も求められる」という。

 NPO法人「タンチョウ保護研究グループ」(釧路市)によると、一時は絶滅の危機にあったタンチョウの生息数は2021年度に1850羽まで回復した。繁殖期に分散していたタンチョウは、12月ごろから釧路地方の給餌場5カ所に集まって越冬する。今冬の越冬数はまだわずかだが、今後、給餌場に集まって過密化し、感染が急拡大する懸念もある。

 道内ではこれまでハシブトガラスやオオセグロカモメなどの野鳥と排せつ物計14例から簡易検査で陽性が確認されている。高病原性鳥インフルの検出は11例に上る。道外ではナベヅルやマナヅルの最大の越冬地・鹿児島県出水市で今月1日以降、確認されただけで700羽以上の野鳥が衰弱したり死んだりし、うち数十羽から高病原性鳥インフルエンザが検出されている。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

【エルメス】レディースウォッチ,
ディズニーリゾート 折り畳み傘,
ポケモンカード ピカチュウ 初期 おたんじょうび 美品,
  1. ホーム
  2. プラモデル
  3. 限定ゾイド【ゴジュラスジオーガ(GOJULAS THE OGRE】未開封品