新品 PETROMAX ペトロマックス HK500 ランタン ブラス 独特な店

新品 PETROMAX ペトロマックス HK500 ランタン ブラス
★コメント、ご購入前にプロフィールをお読みください★ ★土日は発送できません★ ★値下げ不可★ 【状態】 新品未使用 ●サイズ/φ 17 × 40cm ●本体重量/ 2.4kg ●タンク容量/1L ●燃焼時間/約8 時間 ●明るさ/ 500CP(約400W) 検品のため開封しています。 箱には多少のダメージがあります。 ※海外メーカー品のため、製造時よりスリキズ、汚れ、くすみ等ある場合がございます。ご理解の上ご購入をご検討ください。 値下げ不可
 3日にあった第102回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)島根県予選決勝は、石見智翠館が出雲、松江高専、平田の合同チームを降して32連覇を果たした。今回、単独出場したのは石見智翠館1校だけ。同県予選の決勝に合同チームが出場するのは2014年の第94回大会以来だっ
石見智翠館の選手に食らいつき、必死で攻撃を止めようとする合同チームの選手たち=島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場で2022年11月3日午後2時57分、松原隼斗撮影 拡大
石見智翠館の選手に食らいつき、必死で攻撃を止めようとする合同チームの選手たち=島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場で2022年11月3日午後2時57分、松原隼斗撮影

 3日にあった第102回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)島根県予選決勝は、石見智翠館が出雲、松江高専、平田の合同チームを降して32連覇を果たした。今回、単独出場したのは石見智翠館1校だけ。同県予選の決勝に合同チームが出場するのは2014年の第94回大会以来だった。全国的に高校ラグビー部員の減少は著しい。勝っても「花園」に出られない合同チームの選手たちは、どんな思いで試合に臨んだのだろう。

125―0でも惜しみない拍手

合同チームの仲間たちにオフサイドに注意するよう声をかける井原慶太選手=島根県出雲市大社町北荒木の県立浜山公園陸上競技場で2022年11月3日午後2時52分、佐々本浩材撮影 拡大
合同チームの仲間たちにオフサイドに注意するよう声をかける井原慶太選手=島根県出雲市大社町北荒木の県立浜山公園陸上競技場で2022年11月3日午後2時52分、佐々本浩材撮影

 「オフサイド、気を付けよう」「タックルは低く」――。決勝で人一倍声を出していたのが、平田のフランカー、井原慶太選手(1年)。体格で勝る石見智翠館の選手たちに果敢にタックルを繰り出し、後半、足がつりながらも60分間を走り抜いた。試合を終えて、「自分やチームのやりたいことができたし、必死に食らいつけた。このメンバーでやりきれたのがうれしかった」と振り返った。

 井原選手がラグビーを始めたのは小学4年のころ。ラグビースクールなどに通って練習を続けてきた。花園出場経験があり、県内屈指の進学校でもある出雲を目指したが、学力に不安を感じたこともあり断念。ラグビー部のない近くの平田へ進学した。

 ラグビーを諦められず、部活動には入らなかった。代わりに、他校の部活動に参加できるという県教委が2022年度から始めた制度を利用し、出雲で練習するようになった。「先輩がおもしろくて、バスでの移動や練習後の部室も楽しい。どんな形でもラグビーができるのは幸せ」と喜びをかみしめている。

 昨年まで出雲は単独で県予選に出場していたが、今年は部員が8人しかおらず、合同チームでの出場となった。平田など2校の選手も出雲のユニホームを着た。井原選手は身長161センチと小柄だが、「自分よりでかい相手を倒すのが楽しい。低いタックルができるのは武器」と胸を張る。県予選も「ただでは負けない」と気合十分で臨んだ。

 試合は序盤から石見智翠館の猛攻を受け、125-0で敗れた。それでも試合終了後、スタンドからは両チームに惜しみない拍手が送られた。

「試合が成立することが大切」

 高校ラグビーは厳しい状況にある。全国高校体育連盟によると、2012年度の加盟校と登録人数は1108校、2万4990人だったが、22年度は891校、1万7632人と大幅に減少した。全国高体連ラグビー専門部の池戸成記部長(58)はラグビー人口の減少にはさまざまな要因が重なっているとしたうえで、「ワールドカップでの盛り上がりはあったが、基本はマイナースポーツなのでメディアへの露出が少ない。指導者が減っていること、相手との接触が多いラグビーや柔道を保護者が子どもにさせたがらないこともあるのではないか」と指摘する。

 県高体連のラグビー専門部委員長でもある石見智翠館の安藤哲治監督(49)は「新型コロナで制限があり、試合ができなかった影響は大きい。部員を15人維持するのは全国的な課題」としたうえで、「合同チームでも、県のラグビーが発展するためには試合が成立することが大切。感謝に尽きる」と話した。

 合同チームは基本的に、全国大会には出場できない。今回、試合前から石見智翠館の花園出場は決まっていた。それでも井原選手は言う。「シンプルにラグビーが好きなだけ。1回でも多く試合をして勝ちたい。明確な目標はなくても、ただラグビーがしたいんです」【松原隼斗】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

LIVE AZUMA 2日通しチケット ふじ様専用,
大東建託 株主優待券,
!週末だけ値下げします!CELFORD セルフォード レースマーメイドワンピース,
  1. ホーム
  2. ライト/ランタン
  3. 新品 PETROMAX ペトロマックス HK500 ランタン ブラス