野聖エルサM ビックリマン 希少 黒入荷!

野聖エルサM ビックリマン
エルサM
第九の指揮をする佐渡裕さん=橋本弦撮影
[PR]

「ともに喜びの声を上げよう」「抱き合おう、何百万人もの人々よ」――。年の瀬、日本では各地でベートーベンの「第九」が演奏される。戦争や衝撃的な事件、続くコロナ禍に揺れた今年、「歓喜の歌」にどんな意味があるのか。指揮者佐渡裕さんに聞いた。

     ◇

 これまで200回ほど、ベートーベンの交響曲第九番の指揮をしてきました。今年も6回のコンサートをします。

 東日本大震災直後の2011年3月、突然、ドイツから電話が入り、「日本のために第九交響曲を指揮してほしい」と提案され、デュッセルドルフで当地の交響楽団とケルン放送交響楽団の合同楽団のタクトを振りました。

 僕自身、大震災後、無力感にさいなまれていました。「この状況でFreude(歓喜)と歌えるか」と思ったのも事実です。しかし演奏後、約2千人の観客から受けたのは拍手ではなく黙禱(もくとう)でした。忘れがたい記憶です。

 第九は祝祭の音楽と思われて…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

古着,アロハ,レインスプーナー,ビキニタグ,シャツ,ポロ,9枚,ハワイ,Mサイズ,
dusyma社 フレーベル積み木 大 208ピース,
【クリーニング済】ヴァンドームアオヤマ K18 ダイヤモンドリング✨8号 阪急,
  1. ホーム
  2. カード
  3. 野聖エルサM ビックリマン