y-3 hicho adidas superstar 大人気

y-3 hicho adidas superstar
どんな服装にも合わせやすくヒールが高いので身長も盛れると思います! 周りとの変化をつけられると思います!
 千葉市は、人工知能(AI)を活用した農地の荒廃状況の確認作業に乗り出す。従来は職員らが現地に足を運び、目視で確認していたが、衛星データをAIに解析させることで、負担軽減を図る。 市によると、農地を放置すれば、害虫の発生などを招くため、農地法で年に1度の調査が義務づけられている。市内に約4200ヘク
衛星データを活用して農地の状況を確認できるシステムの画面。AIによる判定に基づき、稼働している農地は緑、遊休農地は黄、荒廃農地は赤で表示される=サグリ提供 拡大
衛星データを活用して農地の状況を確認できるシステムの画面。AIによる判定に基づき、稼働している農地は緑、遊休農地は黄、荒廃農地は赤で表示される=サグリ提供

 千葉市は、人工知能(AI)を活用した農地の荒廃状況の確認作業に乗り出す。従来は職員らが現地に足を運び、目視で確認していたが、衛星データをAIに解析させることで、負担軽減を図る。

 市によると、農地を放置すれば、害虫の発生などを招くため、農地法で年に1度の調査が義務づけられている。市内に約4200ヘクタールある農地を職員らが毎年巡回し、(1)稼働している農地(2)再生可能な遊休農地(3)再生困難な荒廃農地――に分類するが、「多大な労力を要している」という。

 このため、市は2023年度からAIによる衛星データの判定システムの利用を始める。兵庫県丹波市のベンチャー企業「サグリ」が開発したもので、農地の荒廃状況を視覚的に確認することができるという。市はAIの判定を頼りに、目視確認が必要な遊休地を絞り込むことで作業を効率化する。

 同社によると、既に神戸市、岐阜県下呂市などがこのシステムを活用している。下呂市では従来、地図作製に540時間を要していたが、システム導入後は一瞬でできるようになった。また、1600時間かかっていた目視確認が6割削減できたという。

 千葉市の神谷俊一市長は「職員の事務作業が効率化され、農地の所有者と新規就農者を結びつける事業にリソースを振り向けることが期待できる」と話す。【山本佳孝】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

ドラゴンボールカードダス 希少ベジータ&トランクス関連まとめ売り,
Acne Studiosアクネストゥディオズ スウェット フェイス レーヨン,
ダーリンインザフランキス ゼロツー For my darling フィギュア,
  1. ホーム
  2. スニーカー
  3. y-3 superstar adidas hicho