グレースコンチネンタルペイズリープリントドレスワンピース36ブルー 贅沢

グレースコンチネンタルペイズリープリントドレスワンピース36ブルー
【お品物】グレースコンチネンタルdiagramのワンピース 【お色】ブルー系(画像よくご参照下さい) 【サイズ】36 【着用回数】1回短時間着用、特筆する傷やほつれ等はなく綺麗なお品物ですが、紙タグは処分してしまっています。 ご理解頂ける方のみご購入をお願い致します。 今年着ようか迷っているので、突然取消す場合ございます。 値下げ交渉はご遠慮下さい。
 2020年8月に私立博多高(福岡市東区)の1年生だった侑夏(ゆうな)さん(当時15歳、名字は非公表)が自殺したのは、部活動での不適切な指導が原因だったとして学校側が責任を認め、遺族に謝罪したことが判明した。侑夏さんの母親(41)と遺族の代理人弁護士が4日、同市内で記者会見を開き、裁判を経ずに学校側
亡くなった侑夏さんの写真を手に、記者会見した母親=福岡市中央区の福岡県弁護士会館で2022年11月4日午前10時32分、平塚雄太撮影(画像の一部を加工しています) 拡大
亡くなった侑夏さんの写真を手に、記者会見した母親=福岡市中央区の福岡県弁護士会館で2022年11月4日午前10時32分、平塚雄太撮影(画像の一部を加工しています)

 2020年8月に私立博多高(福岡市東区)の1年生だった侑夏(ゆうな)さん(当時15歳、名字は非公表)が自殺したのは、部活動での不適切な指導が原因だったとして学校側が責任を認め、遺族に謝罪したことが判明した。侑夏さんの母親(41)と遺族の代理人弁護士が4日、同市内で記者会見を開き、裁判を経ずに学校側と和解したと明らかにした。

 和解は10月25日付。遺族の代理人を務めた迫田登紀子弁護士(福岡県弁護士会)によると、いじめや校内での事故は学校が情報を出さなかったり、責任を認めなかったりすることが多く、学校側が自らの非を全面的に受け入れるのは非常に珍しいという。

 遺族側によると、侑夏さんは中学時代から剣道部で活躍し、剣道二段の資格を有していた。博多高の剣道部で顧問を務めていた男性教諭の誘いを受け、20年4月に剣道の特待生として博多高に入学した。

 部の練習は新型コロナウイルスの影響で6月から始まり、3キロのランニング後、素振り1840回、前後に動きながらの跳躍素振り800回などを1時間以内でする内容だった。過酷な練習で侑夏さんは右腕と左足首を痛め、練習についていくのが難しくなった。

 これに対し、別の顧問の男性教諭は侑夏さんに「貴様やる気あるのか」などと暴言を吐くようになった。他にも、必要以上に竹刀で突く▽部員の前で突き倒して転倒させる▽「この野郎」などと怒鳴り声や罵声を30分以上浴びせる――などを続けた。侑夏さんは、男性教諭に足を踏まれて小指の爪がはがれ、両手首には暴行によるものとみられるアザができていた。

 8月29日、侑夏さんは「死ぬために部活休んだ」と自身のツイッターに投稿した後、自ら命を絶った。

 学校側は9月、校長と顧問の男性教諭2人が遺族と面会し謝罪。21年7月には、学校内での災害に見舞金を支給する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が、自殺の原因は「教員による不適切な指導によるもの」と認定し、遺族への見舞金支給を決定した。

 遺族側は22年3月、学校側に損害賠償を求めて提訴する方針を伝えると、学校側は不適切な指導を認め、遺族に改めて謝罪。訴訟外での和解に至った。

 双方の合意内容によると、学校側は男性顧問による不適切な指導が自殺の原因と認め、真摯(しんし)に謝罪。再発防止策として、全教職員を対象にした年1回の研修などを実施する。

 記者会見で母親は侑夏さんについて、手伝いを頼んでも断ることはなく、誕生日にチーズケーキを焼いてくれるなど「優しく温かい子だった」と振り返った。学校側の対応には「今後、しっかりと果たされるか見守っていきたい」とし「教師も親もまさか子どもが自死するなんてと考えがちだが、より身近な問題と受け止めてほしい」と訴えた。

 一方、博多高の肥後忠俊教頭は毎日新聞の取材に「教育機関としてあってはならないことで、二度と起こらないよう全職員一丸となって再発防止に取り組む」とコメントした。男性顧問2人は侑夏さんの自殺後、すぐに顧問から外れ、21年度以降は同高にいないという。2人への処分については「個人情報で答えられない」としている。

識者「非常に珍しい例」

 学校事故に詳しい名古屋大大学院の内田良教授(教育社会学)は「非常に悪質な事案だが、生徒の死亡後に学校が問題を受け止めており、その対応の限りでは評価できる」と述べた。類似のケースでは「子どものための指導」として、学校が非を認めないことも多いといい「学校と遺族が訴訟などで対立することがほとんどで、今回は非常に珍しい例では。学校は再発防止を形骸化させず、実施してほしい」と注文を付けた。

 内田氏によると、部活動における顧問の問題行動は、子どもや保護者が言いにくい状況にあるという。「顧問には子どもを試合に出す権限などがあるほか、問題が公になった場合にチームメートに迷惑がかかることを考え、当事者は声を上げにくい。周囲の教職員が問題提起できるよう、風通しの良い職場環境が重要だ」と指摘した。【平塚雄太】

相談窓口

・24時間子供SOSダイヤル

 いじめやその他の悩みについて、子どもや保護者などからの相談を受け付けています。原則として電話をかけた所在地の教育委員会の相談機関につながります。

 0120・0・78310=年中無休、24時間。

・子どもの人権110番

 「いじめに遭っている」「家の人に嫌なことをされる」など、先生や親には話しにくい相談に法務局の職員や人権擁護委員が応じます。

 0120・007・110=平日の午前8時半~午後5時15分

・こころの悩みSOS(https://mainichi.jp/shakai/sos/)

 悩みを抱えた当事者や支援者への情報のほか、相談機関を紹介した毎日新聞の特設ページです。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

CELINE セリーヌ マカダム柄 レザー×ジャガード織 トートバッグ,
ブリーチ フィギュア セット,
アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]&キュイラッシェ・ノワール フィギュア,
  1. ホーム
  2. ロングワンピース
  3. グレースコンチネンタルペイズリープリントドレスワンピース36ブルー