To LOVEる -とらぶる- ダークネス 金色の闇 ナースVer. 1/7 流行に

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 金色の闇 ナースVer. 1/7
開封品になります。写真3枚目のように飾っていました。即購入可です。
 フィギュアスケートの東日本選手権は5日、前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の大島光翔選手(明大)が123・06点、合計198・08点で優勝した。試合後の主な談話は次の通り。 ◇全日本は勝ちにいく 素直に、悔しいの一言。自分が練習してきたもの、
男子フリーで演技する優勝した大島光翔=前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで2022年11月5日、吉田航太撮影 拡大
男子フリーで演技する優勝した大島光翔=前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで2022年11月5日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートの東日本選手権は5日、前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の大島光翔選手(明大)が123・06点、合計198・08点で優勝した。試合後の主な談話は次の通り。

全日本は勝ちにいく

 素直に、悔しいの一言。自分が練習してきたもの、思い描いたものとかけ離れた演技になった。最初から最後まですべてのエレメンツでミスをしてしまった。本当に何を練習してきたんだろうと、ちっとも自分の力を出せなかった。

 メンタル面でまだまだ成長できる部分を感じたのと同時に、普段の練習から自分に自信を付けられるような練習をしていかないといけないと改めて感じた。

カメラマンのリクエストに、おどけて写真に納まる優勝した大島光翔(中央)、2位の長谷川一輝(左)、3位の山隈太一朗=前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで2022年11月5日、吉田航太撮影 拡大
カメラマンのリクエストに、おどけて写真に納まる優勝した大島光翔(中央)、2位の長谷川一輝(左)、3位の山隈太一朗=前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで2022年11月5日、吉田航太撮影

 今回は4回転ルッツを入れない構成。ノーミスを目指して、構成を落として演技をした。構成を落としたからには絶対にノーミスにしないといけないという内容だった。トリプルアクセルを1本降りたからといってまったく満足していない。

 (全日本選手権に向けて)とにかく練習あるのみ。東日本選手権とは緊張も比べものにならないと思う。日々の練習を今まで以上に、何倍も何倍も努力して全日本を迎えたい。いつまでもチャレンジャーの気持ちではいけない。勝ちにいくつもりで最大限の力を発揮できるように頑張りたい。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

Taylormade SIM MAX 9度 ATTAS COOL 5X,
【希少カラー】シュプリーム☆スモール刺繍ロゴ入りパーカー 即完売モデル 定番,
専用 値下げしました‼︎ テンピュール フトンデラックス,
  1. ホーム
  2. コミック/アニメ
  3. -とらぶる- LOVEる To ダークネス 1/7 ナースVer. 金色の闇