YOKA TIPI ヨカティピ ワンポールテント 【送料0円】

YOKA TIPI ヨカティピ ワンポールテント
2年前に購入し一度だけ使用しました。 テント、ポールのみになります。 ロープ、ペグは付属しません。 設営しやすく煙突用の穴も付いています。 ポールはテントと一緒に巻いてある状態で袋に入れています。
 「気がつけば〇〇になっていた。」。こんなタイトルの作品に限った公募のノンフィクション...
 「気がつけば〇〇になっていた。」。こんなタイトルの作品に限った公募のノンフィクションの文学賞が創設された。小説、エッセーなど形式は問わない。条件は、自らが本当に体験した「実話」であること。目指すのは、一人一人が違うオンリーワンの人生に光をあてる新たな表現ジャンルの開拓だ。(太田理英子)
「当事者にしか書けないことを作品にしてほしい」と話す堀田孝之さん=東京都台東区柳橋の「古書みつけ」で

「当事者にしか書けないことを作品にしてほしい」と話す堀田孝之さん=東京都台東区柳橋の「古書みつけ」で

 賞のタイトルは「古書みつけノンフィクション賞」。東京・浅草橋の古書店が店名を冠して企画した。昨年10月、インターネットなどで地域情報を発信する編集者2人が「浅草橋には書店がなくて寂しい」と開いた店は今年、出版事業をスタートする。ここで受賞作は書籍化し、作家への登竜門にする。

◆警備員のリアルな体験記きっかけ

 アイデアの出発点は、店主の堀田孝之さん(38)の著書「気がつけば警備員になっていた。」(笠倉出版社)だ。自らの体験を基に昨年7月に出版した本は、高層ビルの中での1日10キロ近い巡回や、若手警備員の合コン事情などのリアルな描写が評判を呼んだ。今は、映像化のプロジェクトが進んでいる。
 堀田さんは映画制作や出版業界での挫折を経て、20代後半、警備員になった。警備員であることを引け目に感じていた時期もあったが、同僚やビルに出入りする人たちとの交流を通じて「自分が『警備員』『一流企業の社員』などと『記号』で人を判断していたことに気がついた」と振り返る。
 本には「『警備員という仕事』が世の中には全然知られていない…。一人ひとりの警備員は固有の人生や思いを抱えながら働いていることを、誰かに知ってほしかった」などと書いた。
 古書みつけでの1次選考後に行われる最終選考の審査員は、漫画家の新井英樹さん、脚本家の加藤正人さん、ノンフィクション作家の本橋信宏さんが務める。締め切りは8月31日。応募方法などの詳細は、古書みつけのホームページで案内している。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

YAMAHA 木製 バロック式 テナーリコーダー YRT-61M ハードケース付,
最終価格 ファーバーカステル アルファマチック 廃盤シャーペン,
  1. ホーム
  2. テント/タープ
  3. YOKA TIPI ヨカティピ ワンポールテント