お取り置き♩ 人気商品!クラシカル ボリュームスリーブブラウス 上品

お取り置き♩          人気商品!クラシカル ボリュームスリーブブラウス
綺麗なシルエットのボリュームスリーブとスッキリした見頃のメリハリが美しい唯一無二のブラウス❤︎ また生地がリネンの様な風合いでネップやフシのあるリネンライクな生地感が魅力的◎ ・未使用品ですはありますが  自宅保管の為神経質な方や気になさる方はお控え下さい ・即購入オッケーです   (下記の⚠︎欄ご確認お願い致します) ⚠︎トラブル防止の為プロフィール確認の上ご購入お願い致します ⚠︎神経質な方・完璧主義の方はお控え下さいまし ⚠︎新品・未使用でもあくまでもused品としてご理解お願い致します 軽やかなたぷっと感が気持ちを高める華奢見せコットンブラウスが今年も登場! 《styling》 ふわっとした袖口が印象的なボリュームスリーブブラウス。見た目の印象に惑わされない爽やかでスッキリとした着心地でデニムやリラクシングパンツからボリュームのあるスカートなど、様々な雰囲気でコーディネートを楽しんでいただけます 《detail》 軽やかで柔やらかいボリュームが魅力のボリュームスリーブブラウス。肩口から袖までにかけて計算されたこだわりのふわゆるボリュームで華奢見せを叶えます。バックスタイルもスッキリと魅せてくれる優秀ブラウス。ボリュームを美しく見せ、手首に優しくフィットするカフス部分も魅力の一つ。クリアな印象で女性らしさを引き立てます ニコアンド  かぐれ  メルロー  ヴィンテージ  サニークラウズ  スローブイエナ コーナーズ アンドアール アンティローザ ヤードプリュス アーバンリサーチ アントマリーズ manana FUDGE ゼロハチマブ キナリノ SLANE PAMEO POSE ABITOKYO ミズイロインド ネストローブ アーツアンドサイエンス アンティカ イチ 6 ザラ 装苑 UN3D. tandey Gauze# ヴェリテクール hitoharimama オオカミとフクロウ オローネ 休日と詩 グランマママドーター jantieque JOURNAL STANDARD freada freaksstore anoki szblockprints Beauty&youth メゾンドソイル ツハルバイサマンサモスモス スタディオクリップ 45RPM ゆきふいるむ カラー···ホワイト 袖丈···長袖 柄・デザイン···無地
 開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会日本代表で、これまで陰に隠れていた選手が、虎視眈々(たんたん)と好機を狙っている。フル代表の経験がほとんどないにもかかわらず、負傷者の代役でサプライズ選出されたFW町野修斗選手(23)=湘南=だ。「忍者の里」として知られる三重県伊賀市出身。本来あ
東アジアE-1選手権の韓国戦でゴールを決める町野修斗選手=豊田スタジアムで2022年7月27日、藤井達也撮影 拡大
東アジアE-1選手権の韓国戦でゴールを決める町野修斗選手=豊田スタジアムで2022年7月27日、藤井達也撮影

 開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会日本代表で、これまで陰に隠れていた選手が、虎視眈々(たんたん)と好機を狙っている。フル代表の経験がほとんどないにもかかわらず、負傷者の代役でサプライズ選出されたFW町野修斗選手(23)=湘南=だ。「忍者の里」として知られる三重県伊賀市出身。本来ありえなかった「27番目」に代表ユニホームをつかんだ物語の裏には郷土の深いつながりがあった。

ランニング中に忍者ポーズを見せる町野修斗選手(左)。右は山根視来選手=カタール・ドーハで2022年11月13日、宮武祐希撮影 拡大
ランニング中に忍者ポーズを見せる町野修斗選手(左)。右は山根視来選手=カタール・ドーハで2022年11月13日、宮武祐希撮影

 正確な両足のキックや185センチの長身を生かしたヘディングが武器。国内組中心だった7月の東アジアE―1選手権で代表デビューすると3得点で大会得点王となり一躍注目された。J1では得点ランキング2位で日本選手トップの13得点。ゴールを決めた際に披露する、両手で印を結ぶ「忍者ポーズ」でも話題になった。

 11月1日に発表された当初の代表メンバーには漏れたが、DF中山雄太選手(25)=ハダースフォールド=が翌2日にアキレスけんを痛めた代わりに、FWながら追加招集。ファンの間にも衝撃が走ったが、本人も「驚いた。ぼうぜんとした」と胸中を明かす。それでも記者会見では「ゴールを期待されている。僕の象徴である忍者ポーズを見せたい」と誓った。

 得点を積み上げてきたからこそ転がり込んできたチャンス。だが、元々はFWではない。転機は高校入学前後にあった。

 サッカー経験者の父理(おさむ)さん(61)が「シュート」にちなんで「修斗」と命名。3歳でボールを蹴り始めたころから、ひと味違うと感じていた。足の速さに頼らないよう技術を教え込むと「両足使い」に進化。中学時代のポジションは試合全体をコントロールできるボランチだった。

高校時代の町野修斗選手のプレーぶりを語る履正社高の平野直樹監督=大阪府豊中市の履正社高で2022年11月22日午前10時59分、吉見裕都撮影 拡大
高校時代の町野修斗選手のプレーぶりを語る履正社高の平野直樹監督=大阪府豊中市の履正社高で2022年11月22日午前10時59分、吉見裕都撮影

FWに抜てきされ才能開花

 しかし、出会いが運命を変えた。中学時代のチームのコーチが、大阪・履正社高の平野直樹監督(57)の教え子だった縁で、3年生の時に同高グラウンドで練習に参加。平野監督は一目で豊かな才能を見抜くと同時に「FWで育てなきゃ」と強く決意した。

 Jリーグのガ大阪OBで、同チームの育成世代の監督やコーチなども務めた経歴を持ち、履正社高を全国レベルに鍛え上げた平野監督。その持論が「日本には良いFWが足りない」だ。

 平野監督によると、幼少時代から技術のある選手は、試合の多くの時間でボールを持ち、パスも出し、点も取る「王様」になってしまう。つまり、FWにとって不可欠な、パスをもらうためにダッシュを繰り返すハードワークや、難しい状況でもシュートをねじ込むといった粘り強さが身につかないのだ。

 だからこそ、平野監督は「点を取らないと勝てない。パスとシュートの選択肢があるならシュート」と、町野選手にたたき込んだ。

 特別な思い入れもあった。平野監督も伊賀市出身で、理さんは同じ中学校の先輩だったのだ。熱心な指導が実り、コンバートは見事に成功。町野選手は「バカスカ点を取りだした」(平野監督)。

 1年秋には早くもレギュラー入り。右足でシュートを打つと見せかけて左足で決めるといった巧みなゴールを連発し、2年生で高校日本代表に選ばれた。その活躍がJリーグ・横浜マの目に留まり、プロ入り。町野選手は振り返る。「高校生でFWに抜てきされたおかげでプロになれた」

 ただ、単純なポジション変更だけが成功の理由ではない。温かくも厳しい指導者のおかげで、人間的にも成長できたからだ。

 町野選手は、人を笑わせるのが好きな明るい性格な一方、規律に甘い面もあった。1人暮らしの部屋で仲間と騒いで苦情が来たり、高校日本代表戦でユニホームを忘れたりして、平野監督から叱られることも多かったそうだ。プロ入り後に、横浜マから移籍した北九州では当時の小林伸二監督からボールを呼び込むために走り続ける大切さを教えられた。結果、献身性にも磨きをかけて、日本トップクラスの点取り屋に成長した。

 いまや代名詞となった「忍者ポーズ」。同じ伊賀出身者として、平野監督は温かい目で見守っている。「地元は高齢化、過疎化が進む。少しでも盛り上げたいという郷土愛もあるんじゃないかな」

 代表選出を本人から電話で知らされた時は「鳥肌が立った」。「フル代表に選ばれても、W杯のピッチに立てない選手もいる。W杯に行けるというのは巡り合わせ」と感慨に浸る。ビッグチャンスをつかんだ教え子が、砂漠の国で輝くことを、恩師は願っている。【吉見裕都】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

スノボ スノーボード 板 ビンディング ブーツ ウェア グローブ ゴーグル,
TALON!ライナー付き完品!ショットschottスタンド立ち襟シングル641,
ZETA DIVISION ロングTEE Sサイズ,
  1. ホーム
  2. シャツ/ブラウス(七分/長袖)
  3. お取り置き♩ 人気商品!クラシカル ボリュームスリーブブラウス