Free フリー フィギュア 山崎宗介 アルター ALTER 激安通販

Free フリー フィギュア 山崎宗介 アルター ALTER
【状態】 箱あり。 ガラスケースにて展示していたフィギュアです。 引っ越しの断捨離のため、複数所持していた一部を手放すことにしました。 目立つ傷などはありません。 【値下げについて】 出品している他の品を同時購入の方のみ値下げ検討させていただきます。 【ご注意】 素人保管のため、外箱にスレや小さな傷がある可能性があります。 神経質な方や、新品美品をお求めの方はご遠慮ください。 【発送について】 メルカリ便にて発送予定です。 プチプチに包み、梱包紙をいれた段ボールお送りします。
 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われた。トヨタ自動車が足を生かした積極的な攻めで、優勝した第43回大会以来の4強入りを果たした。大会第9日の熱戦の様子をリポートする。 ◇三塁コーチャーの準備 第1試合は、トヨタ自動車が6―1で東芝に快勝した。四回に貴重
【ENEOS-三菱重工West】五回表ENEOS2死一、二塁、丸山のゴロを好捕して二塁に送球してアウトとし、先発の竹田と喜ぶ二塁手・坂之下(右)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【ENEOS-三菱重工West】五回表ENEOS2死一、二塁、丸山のゴロを好捕して二塁に送球してアウトとし、先発の竹田と喜ぶ二塁手・坂之下(右)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われた。トヨタ自動車が足を生かした積極的な攻めで、優勝した第43回大会以来の4強入りを果たした。大会第9日の熱戦の様子をリポートする。

三塁コーチャーの準備

【トヨタ自動車-東芝】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【トヨタ自動車-東芝】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第1試合は、トヨタ自動車が6―1で東芝に快勝した。四回に貴重な3点目をもぎとったトヨタ。浅い右前打にもかかわらず清水明彦・三塁コーチャーが腕を回せたのはなぜか。

 1点差に迫られた四回。先頭の俊足、八木健太郎選手が四球で出塁し、すかさず二塁盗塁を決めた。続く佐藤勇基選手の打球は右前へ。東芝の右翼手・石川桜太選手は前寄りに守備位置を取っていたが、清水コーチは迷いなく右腕を回し、八木選手はヘッドスライディングで間一髪生還した。

【トヨタ自動車-東芝】四回表トヨタ自動車無死二塁、佐藤の右前打で八木が生還(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【トヨタ自動車-東芝】四回表トヨタ自動車無死二塁、佐藤の右前打で八木が生還(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 清水コーチには「準備」ができていた。無死二塁。最低でも三塁へ走者を進めたい場面で佐藤選手には「右へ打て」のサインが出ていた。試合前ノックで石川選手の肩は球の回転などから「普通」と判断しており、八木選手の走力との兼ね合いだった。

 さらに、前回、2―0で勝ったパナソニック戦で無死三塁から3点目を取れず苦しい展開になったのも頭にあり、ちゅうちょせず右腕を回したという。藤原航平監督は「あそこは勝負どころだと思ってました。ナイス判断だった」と評した。

王者・ENEOSを追い詰めた「球際」

【ENEOS-三菱重工West】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【ENEOS-三菱重工West】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第2試合は、ENEOSが延長十回タイブレークの末、4―1で三菱重工Westを降した。優勝した第24回大会(1997年)以来の4強とはならなかった三菱重工Westだが、今夏の都市対抗野球大会優勝のENEOSに対し延長まで持ち込めたのは「球際の強さ」だった。

【ENEOS-三菱重工West】八回表ENEOS2死一、二塁、村上の打球を好捕する三菱重工Westの遊撃手・中山=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【ENEOS-三菱重工West】八回表ENEOS2死一、二塁、村上の打球を好捕する三菱重工Westの遊撃手・中山=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 新人・竹田祐投手が先発し、相手がENEOSとなると、そう得点はできない。1―1の五回の守備。2死一、二塁のピンチで中前へ抜ければ勝ち越されるというゴロに二塁手の坂之下晴人選手が飛びついて捕球し、すばやく二塁へ送球してアウト。八回にも遊撃手の中山将太選手が詰まった後方の打球を好捕し、2点目を許さなかった。全身黒のユニホームでグラウンドを駆け巡る素早さは、まるで「黒い忍者」のよう。好守備の連発にスタンドも沸いた。

 竹田投手が9安打4四死球ながら9回1失点と粘れたのも、味方の好守備があったから。試合後、竹田投手は「野手の皆さんに助けてもらった」と感謝し、津野祐貴監督は「接戦が予想された。球際の強さを出していこうと話をしていたのでしっかり出せて良かった」と語った。来季へ、打撃の強化が必須だ。

ノックアウトに言葉少な

【東京ガス-NTT東日本】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【東京ガス-NTT東日本】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第3試合は、NTT東日本が4―1で東京ガスを破った。東京ガスは、広島からドラフト3位指名の益田武尚投手が先発したが三回途中7安打4失点で降板。試合後、益田投手は不機嫌だったが、4番手で登板した4歳上の28歳・臼井浩投手が誠実に取材に応じ、プロへ舞台を変える後輩へ温かい言葉を送った。

 今大会初先発した益田投手だが、直球はシュート回転して力なく、ノックアウトされた。試合後、益田投手は「自分のせいで負けたんで特にしゃべることはないです」「自分の甘さが出た。技術のなさ」と言葉少なにバスに乗り込んだ。

【東京ガス-NTT東日本】一回裏に4失点し、厳しい表情でベンチに戻る東京ガスの先発・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【東京ガス-NTT東日本】一回裏に4失点し、厳しい表情でベンチに戻る東京ガスの先発・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 一方、投手陣の核として活躍する臼井投手は、チーム全体の話から話題が益田投手のことに及ぶと、優しいお兄さんのような口調で話し始めた。自身はプロへのチャンスはあったが逃した身でもある。

 「(益田投手の)最高の魅力は真っすぐの力強さ。でも、試合でかなりシュート回転するのが弱点」と口にした。シュート回転する時とそうでない時のムラが大きく、この日は悪い方が出た。これまで一緒にキャッチボールしながら、そうならないよう体の使い方の話をしたこともあったという。「この経験を生かしてプロの世界で頑張ってほしい」。厳しさの中に愛のある先輩の言葉に、益田投手はどうプロで応えるか。

抜けたフォークを見事に

【三菱重工East-日本通運】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【三菱重工East-日本通運】試合後のスコアボード=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第4試合は、三菱重工Eastが日本通運に2―1で逃げ切った。今大会過去2打席とは違い、ここぞの場面で代打で送り出された社会人7年目の八戸勝登(やえ・しょうと)選手が決勝の2点適時打を放った。

 両チーム無得点で迎えた六回、2四死球と犠打で1死二、三塁となった。これまでの2試合ではいずれも代打で打席に立っているが大勢は決している場面だった。今回は先制機だ。

【三菱重工East-日本通運】六回表三菱重工East1死二、三塁、代打・八戸が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影 拡大
【三菱重工East-日本通運】六回表三菱重工East1死二、三塁、代打・八戸が中前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 佐伯功監督は「根拠はないが、ピッチャーのタイプと合うんじゃないかと。彼もそろろろベテランで経験値がある」と起用した。先発で出場していたころと違い、「途中出場だと徐々に緊張のピークを上げていくのを2試合通じてちょっとずつ慣れてきた」と八戸選手。タイミングをしっかり取ることを心がけ、速くて強い真っすぐとフォークのコンビネーションという相手投手の傾向を読んだ。強い球をケアしながら、抜けたフォークを見事中前打にした。【荻野公一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

12/1値下げ Paraboot パラブーツ ブラック 23cm,
TOGA スカート,
PC4-2400T 8GB 21枚 デスクトップ用,
  1. ホーム
  2. コミック/アニメ
  3. Free フリー フィギュア 山崎宗介 アルター ALTER