kouta 様専用 史上最も激安

kouta 様専用
商品の説明はありません
 東京外郭環状道路(外環道)工事を巡り、東京都調布市の職員が昨年10月に陥没事故周辺に...
 東京外郭環状道路(外環道)工事を巡り、東京都調布市の職員が昨年10月に陥没事故周辺に住む市民ら13人と面談した際、市民の了解なしに録音し、文字起こしした内容を東日本高速道路など事業者側へ提供した「面談メモ」の一端が明らかになった。13人のうちの1人の50代女性が、自らの情報を請求する「自己情報開示請求」で市から文書を入手した。女性は「私のしゃべったこと全てだ」と市の対応を批判している。
 女性は、2020年10月に外環道のトンネル工事ルート上で陥没事故が発生する約10カ月前にルートから約10メートル離れた新築物件に引っ越した。入手した面談メモには、自宅の建物や基礎に十数本のひびが入ったり、振動や騒音による健康被害を受けたりしたことを克明に語った内容が一字一句漏らさず記されていた。
 女性は取材に「面談時の一人一人の発言をそのまま事業者側へ流されるとは思ってもみなかった。自分の人格までもにおわせる内容だ。頼るのは地元自治体しかなく、信じていたのに裏切られた気持ちだ」と語った。
 問題の面談メモは、外環道工事を巡る個人情報漏えい問題を受け、市個人情報保護審査会(佐瀬一男会長)が公表した意見書で指摘した26件の不適切事例のうちの一つ。(花井勝規)

◆市長、情報漏えい問題で初めて住民に直接謝罪

個人情報漏えい問題で住民に謝罪する調布市の長友貴樹市長(右)=東京都調布市で

個人情報漏えい問題で住民に謝罪する調布市の長友貴樹市長(右)=東京都調布市で

 調布市は21日、情報漏えい問題に関する住民説明会を開き、長友貴樹市長が「あってはならない事案を発生させ、心よりおわびを申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と陳謝した。市長がこの問題で住民に直接謝罪するのは初めて。
 説明会には約50人が参加。一連の問題は昨年10月、市に情報公開請求した男性(75)の個人情報を含む請求書の写しを市が事業者へ送ったメールのコピーなどが匿名の差出人から男性宅に届き、発覚。市は、街づくり事業課員らが請求書の写しを計9回メールに添付して事業者に送ったことを認めた。
 説明会では、メールを「サーバーの容量が限られている」との理由でほぼ全てを削除していることに疑問が噴出。真相解明のためにメールの復元を求める声が相次いだが、長友市長は削除したメールは「組織共用性がない」として「復元するつもりはない」と否定した。(佐々木香理、花井勝規)
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

先輩社員からのメッセージ

Follow me!

【ベトナムZIPPO】本物 1963年製ベトナムジッポー「ファックマン」スリム,
Maison Margiela 11 マルジェラ スマホ ネックポーチ 黒,
3.1 Phillip Lim のロングスカート,
  1. ホーム
  2. コミック/アニメ
  3. kouta 様専用